FC2ブログ
03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

新・ゆくぞ女は合気道2

不幸中の幸い? 

 実はダンナサマは、退院後も発熱が続いていて。
 4月の初めから出たり引っ込んだりの熱が、なかなかおさまらなかった。
 入院前に飲んでいた抗生物質は、血液をサラサラにする薬と相性が悪いので、処方されていない。 
 発熱自体は、身体が感染した細菌と戦っている証拠。
 つまりは、自力で自然治癒力を高めて、高い熱で体内の細菌をやっつけるしかないってわけ。
 先週末あたりから発熱がおさまりだし、稽古にも行けたし、今週も半ばを過ぎた今、ほとんど発熱はみられない。
 やっと、体内に陣取っていた細菌をやつけることが出来たかな。
 ところで今回の入院騒ぎは、いつの間にか不幸中の幸いという認識に落ち着いている。
 原因は、ダンナサマの血液の状態がサラサラ度計測不能!だったにも関わらず、処方の継続を指示した医師の不注意によるものだと思われるけど、この状態でエレベーター工事が重なったのはむしろ幸いだったと。
 むりやり階段を11階まで登ることになり、血管が切れたのが脚で良かったねと。
 もしもこれが、頭の中で切れたり、胴体の内部で切れたりしたら、命に係わるし、重大な障害が残ったかもしれない。
 だから、切れたのが脚で良かったね。
 入院担当の若い医師は、病院側としてあからさまに上司の失態を認めるわけにはいかないらしく、こんな言い方でダンナサマの症状を説明してくれた。
 不幸中の幸いって、なんと便利な言い回し。
 ダンナサマも、「オレは運がいい!」と納得しているので、まずはめでたしめでたし♪
 ことわざの面白さついでに、今日本中で手のひら返しが巻き起こっている。
 西野ジャパンに大絶賛の嵐。ちょっと前までけっこうボロクソ言ってたのに。
 手の平を返すように。
 ぷぷっと吹き出しそうになりながら、ことわざの妙に感じ入ってしまう。
スポンサーサイト

category: ダンナサマ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://newyukuzoaikido2.blog.fc2.com/tb.php/852-4edb77bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ