FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

新・ゆくぞ女は合気道2

救急搬送入院記 

             DSC05251 (640x480)
 
 ダンナサマが、5月17日(木)から入院している。
 話せば長くなるから出来るだけはしょるが、まず、4月の初めの定期通院で、不整脈が発見されて薬が処方されていた。
 不整脈というのは、心臓が規則正しく作動しないため、血液によどみが出来、それが血栓となって脳梗塞などを引き起こす恐れがあるそうな。
 それで、血液がサラサラになる薬を飲んで、様子を見ようということになった。
 そして、5月のGW中、今度は原因不明の微熱が続くようになった。
 GW明けに病院に行き、何かの感染症と診断され、抗生物質が処方された。
 一週間ぐらいで、熱は下がった。
 ところが!前述の血液サラサラの薬と、この抗生物質の飲み合わせが、ダンナサマの身体にとんでもない事態を引き落とすことに!!
 ところで実は今うちのマンションで、エレベーター交換工事をやっている。
 5月14日から5月23日までは、終日使えなかった。
 5月24日から6月9まで、日曜日を除き、午前9時~午後6時の間も使えない。
 微熱が続いて体力が落ちていたダンナサマだが、家に閉じこもっていてはさらに体力が落ちてしまうと、一日1回は11階の我が家の階段を往復するようにしていた。
 一日目は、登るのに5分かかったらしい。
 二日目は、その倍ぐらいかかったらしく、足に痛みを感じるようになった。
 三日目、足の痛みはひどくなってきたが、通院の予約が入っており、やむなく出かけて、なんとか登って帰ってきた。
 17日の早朝、右脚の付け根が腫れているようなので、見てくれと呼ばれた。
 なんと!太ももの内側が、広範囲で紫色に腫れあがっているではありませんか?!
 痛くて、歩くのもままならないと言う。
 今現在、大量の薬を服用しているので、何かの副作用に違いないと思い当たり、病院に電話して症状を説明し、診てもらいたいがエレベーターが使えず降りることもできない旨伝えると、救急車を呼んで救急外来に来るようにと指示が?!
 エレベーター交換工事が始まる少し前、団地内のすぐ手前の棟に救急車が来たことがあり、「工事中に急病人が出たら大変だねえ」などと、のんきに話していたのだが。
 えっ?うちが呼ぶの?!
 エレベーターが動かなくて申し訳ないと思いつつ、119に電話してその旨伝えると、ほどなくサイレンが近づいてきた。
 あれあれ?消防車まで来ちゃったよ。
 なんでも、高所から急病人を下す装備は、救急車にはなくて、消防車には搭載しているからなんですと。
 ほどなく救急隊員6人ほどが11階の我が家まで登ってきてくれて、ダンナサマを抱えて1階まで下して救急車に載せてくれた。
 私は、身内の救急現場に立ち会い感動してしまって、不謹慎ですがと断りを入れつつ、階段途中の写真を撮った。
 これは、失礼に当たるといけないので、ブログには載せられない。
 でも、本当に感謝しています。ありがとうございました!
 病院の救急外来では、すでに受け入れ態勢が整っており、スムーズに治療を受けることが出来た。
 ちなみに、タクシーなどで救急外来に行っても受け付けてくれないそうなので、ご注意を!
 ダンナサマの右脚は、さらに全体がみるみる腫れあがっており、CT撮影の結果、右脚の付け根にこぶし大の血の塊、血腫が出来ていることが分かった。
 血液をサラサラにする薬に、抗生物質を飲み合わせると、血液がサラサラになりすぎて、血管が破れやすくなるのだそうだ。
 つまり、11階までの階段を上り下りするうちに、一番負担のかかる太ももの筋肉の中で、血管がぶちぶち破れて血の塊ができてしまったということらしい。
 しかも、この前日も通院し、血液サラサラ度を測ったところ、計測不能の表示が出たのだそうだ。
 計測できないくらい、血液がサラサラになり過ぎたからだと入院してから分かったのだが。
 その時の担当医は、それでもさらに1か月はこの薬を飲むように指示したという。
 脚が痛いのだけど、関係があるかと問うダンナサマに、患部を診もしないで、「関係ない」と言ったとか。
 これはある意味医療ミスではないかと、ちょっと怒りを覚える部分もあるのだが、それはさておき。
 今回の入院の担当医は、すこぶる親身に対応してくれていて、非常に満足している。
 薬の飲み合わせを慎重に考慮し、ダンナサマの身体に適切な量を調整してくれている。
 ダンナサマの身体はその後、脚の腫れが左側にも拡大し、それがだんだん下に下がって行って、両脚全体が紫色に、象さんみたいに膨れ上がっていった。
 血の塊が身体の中で吸収されていく過程で、ひどいむくみが生じて、やがて徐々に引いて回復に向かっているというところか。
 おかげさまで、入院から10日余りたった今、ダンナサマは少しずつ病院内を歩き回ってリハビリに励んでいる。
 退院についてはちょっとまだはっきりしないのだけど、担当医には、「エレベーター工事が完全に終わってからで、どうです?」と言われている。
 そのほうが、安心かも。
 ともあれ、入院当初はこれ以上悪化するようなら、切開して血の塊を取り出す手術をするかもと言われたけれど、そんなこともなく、なんとか順調に回復してきていますので、まずはご報告まで。
 ご心配をおかけしております。
スポンサーサイト

category: ダンナサマ

cm 2   tb 0   page top

コメント

順調にご回復に向かっているとのこと、安心しました。どうぞ無理をなさいませんようにと思いつつも、一日も早いご全快とご指導の再開を祈っています。
yano #- URL [2018/05/28 15:38] edit

回復に向かっているとのこと、よかったです。
計測不能も足痛い申告も気づかず薬処方とは、恐ろしいことですね。怒り。
断りを入れつつ写真を撮っているめいさん、を想像しました(*´з`)

病院通いでめいさんがお疲れをためませんように🌼
さいとうゆきこ #- URL [2018/06/01 16:37] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://newyukuzoaikido2.blog.fc2.com/tb.php/846-485e43e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ